SAYONARA, good girl! いい子とさようなら

SAYONARA, good girl!

Living in New York City is hard.

Whenever something happened to me, I tend to blame myself. I am not good at fighting back.

Well, I don’t need to fight, but at least I need to protect myself. Especially in New York City, if you don’t say a word, it means nothing happened at all.

But little by little, New York made me stronger, and freer.

By the way, do you have two sides of you?

Sure, of course, I do.

I thought I was hiding my dark side from the world, from everyone.

Even though I wanted to release that dark side to be tough, I had been struggling to not being a good girl.

This spring, I decided to ask a counselor’s help. (sorry for English readers, since she does her counseling only in Japanese, I don’t put her name)

It turned out that I have a two year old baby girl “princess”, and a grown up lady “bitch” inside me.

“Princess” is my bright side. And I had been hiding her.

She is so powerful, she doesn’t care about others. She has no control or whatsoever on herself.

Innocent. Fierce. Strong.

A big crybaby. Terrible two.

It seems like I put her in the closet when I quit making my artwork ten years ago.

At that time, I was scared and had no idea about how to deal with her.

And I am still scared to let her come out.

However, I am too tired to keep her in the dark room. She had been crying too long.

So, this is it.

I am sorry in advance, if she punches in your face. (She will grow up, hopefully)

Now I know that I am beloved even if I am not a good girl.

This blog is her playground. I let her do whatever she wants to do.

SAYONARA, good girl. Hello, princess bitch!

いい子とさようなら

表と裏の自分ってありますか?

私は自分の中に光の部分と闇の部分があって、闇の部分を外に出したい、解放したいとずっと思ってきたけれど、なかなかできずにいました。

ニューヨークでいい子でいても、なんていうか、しょうがない。何かあったら声を上げないと消されてしまう街です。何かあった時にも、戦えずに自分を責めがちな自分がずっといやでした。

英語を話すこともだけど、ニューヨークに住んでいることも少しずつ自分を強くしてくれました。

でも、どうしてもまだ抜けきれない部分があって、プロの助けを借りることにしました。

京都でカウンセリングをされている小野美世さんです。(https://ameblo.jp/miyo1cafe/)

彼女のメールでのカウンセリングを通して、私の中には、2歳の“princess”と大人の女性“bitch”がいることがわかりました。そして光の部分の“princess”をずっと閉じ込めてきたことも。

彼女はまるでいやいや期の赤ちゃん。自分の思い通りにいかないと泣きわめくし、自分のことしか考えていないというか、自他がまだ別れていない。

笑いながら人を殴る。

パワフル。天真爛漫。良くも悪くも無邪気。

どうも自分で作品を作ることを辞めた時に、彼女をクローゼットに押し込めちゃったみたい。

10年も前です。

その分鬱屈して凶暴化しています。

ちょっと怖いけど、彼女をもう解放することにしました。

(そのうち成長すると思いますが、顔面殴ったらごめんなさい。)

このブログは彼女の遊びの場所。光に満ちた庭。

もう、いい子じゃなくてもわたしは愛されると知っているから。

さようなら、いい子。こんにちは“princess bitch”

ニューヨークも彼女の遊び場です。

(写真の中指は自粛しました。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.